バイアグラは本物を使うべし

バイアグラの「ジェネリック医薬品」って何?

バイアグラを服用する際には医師の診察を受けてから処方箋を作成してもらい、そして調剤薬局で処方をしてもらう必要があります。
しかし時折医師や薬剤師からジェネリックにするかどうかというようなことが確認されることもあるでしょう。
これまで病気治療で何度も医薬品を使ったことがある人であればジェネリックとは何かということもイメージしやすいのですが、普段は健康でバイアグラも久々に使う医薬品だというような場合には、ジェネリックとはそもそもどういった医薬品なのかわからないことも多いものです。
ではバイアグラのジェネリック医薬品とは何かというと、簡単に言ってしまえば「ファイザー社以外が作った安いバイアグラ」ということになります。
バイアグラはもともとアメリカの製薬企業であるファイザー社によって有効成分が研究開発され、それによって発売されるようになった医薬品です。
しかしどのメーカーが有効成分を研究開発にしたにせよ、開発・発売の完了から一定期間が経てば別のメーカーも同様の有効成分を同様の目的で使用することが出来るようになるのです。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは2013年ごろに特許切れになりましたから、それによってファイザー社に限らず別のメーカーも同等の医薬品を作ることが出来るようになりました。
そして別のメーカーが製造する場合には「開発費としてかけたコストを回収する」という目的がほとんど必要無くなりますから、ファイザー社製のものよりも格段に安く購入することが出来るのです。
バイアグラはまだ保険適用外の医薬品であり処方の際にはその料金が10割自己負担として扱われるようになっていますから、少しでも安く買いたいというのであればジェネリックは非常に良い選択肢です。
日本国内のジェネリックは当然日本の安全試験などもクリアしたうえで流通していますから、危険性も少なく安く購入できる薬となってくれることでしょう。