バイアグラは本物を使うべし

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラはもともとアメリカのファイザー社という製薬会社によって開発された薬で、1998年にアメリカで発売されてから今日に至るまで世界で最も利用されるED治療薬として有り続けています。
しかし薬の成分は永遠に開発した企業しか使えないということはなく、一定期間の権利保護の後に他の企業に対しても同様の成分を使って医薬品を開発しても良いとして扱われることになります。
これによって作られたのが後発医薬品、ジェネリックと呼ばれるような薬ですが、バイアグラにもジェネリックが存在しています。
代表的なジェネリックバイアグラの種類としてはカマグラゴールドやゼネグラ、ペネグラ、シルデグラやベガマックスなどがあります。
もちろんその他にもさまざまな種類があるのですが、少なくとも日本国内で有名なジェネリックバイアグラの種類としてはこういったものが挙げられ、その価格の安さから高い人気を誇るようになっています。
これらジェネリックに関して日本国内では「新薬と違う会社が作っているから不安がある」というような感想が抱かれることも少なくありません。
ですが実際のところ、バイアグラに限らず医薬品は含まれている有効成分が同様なのであればほぼ同じ効果が期待できるとして考えられます。
有効成分以外の成分が異なることで多少の違いが出てきたり、体質的に合うか合わないかの違いが出てくるということもたまにありますが、ほとんどの人ではほぼ同じ効果が得られることになるでしょう。
日本国内の病院などだとまだ先発薬品であり使用実績の豊富なバイアグラが選択される傾向が強いのですが、病院や薬局によっては希望に応じて国内メーカーのジェネリックバイアグラの処方を請け負っていることもありますから、必要に応じて希望を出してみることをお勧めします。